宅配野菜、比較、ランキング

東日本の野菜・食材には不安があり、関西(西日本)産限定で買いたい、という需要もあります。
ここでは関西(西日本)産の野菜・食材を入手できる宅配サービスをご紹介します。(2011年8月現在)

Oisix(おいしっくす)で関西産食材を選んで買う



Oisix(おいしっくす)なら、野菜やその他食材の産地・生産者を選んで買うことができます。
たとえば、現時点でのカタログの一部です。

カタログに掲載されている関西産の野菜
(注)品ぞろえはそのときどきで違うので、必ずしも希望の野菜を、欲しいタイミングで入手できるとは限りません。
京野菜が手に入るほか、奈良県産の野菜明石産のタコなど品ぞろえも豊富です。

関西(西日本)産に限らず、沖縄産九州産中国四国産の食材も手に入るのが魅力ですね。
さらに、全アイテムに対して毎日放射性物質の検査も行っているので安心です。

大地を守る会で西日本野菜セットを選ぶ



大地を守る会なら、西日本産の野菜セットが選べます。

産地を選べる野菜セット
  • 子どもたちへの安心野菜セット」は、北海道と、甲信越(新潟・長野・山梨)、愛知以西の産地からの野菜詰め合わせ。
    放射能検査も2〜10時間かけて実施し、検出限界値(概ね10Bq/Kg)以下であることを確認したものを出荷しています。

  • 西から応援野菜セット」は、王隠堂農園(本部=奈良県)と、王隠堂農園がつなぐ生産者ネットワークの野菜セット。
    野菜の産地は中部以西です(時期により、一部甲信越地域からの出荷も想定されます)。

  • 「福島と北関東の農家がんばろうセット」は、福島県、茨城県産を中心に4〜5品。
    自主測定で暫定規制値以下であることが確認できているもののセットです。

大地を守る会では、精密な放射性物質の検査も行っているので安心ですし、義援金付商品も多く、さまざまな形で被災地農家を支援できるのが魅力です。

また、会員の要望に応えて、「西の産地限定卵」(6個396円)も買えるようになりました(生産者情報/貞富慶也(佐賀)、空の幸(島根)など)。

関西のお店から直接買う

野菜・果物が中心になりますが、関西(西日本)のお店から直接買うこともできます。

ハート.netshop

無農薬・無肥料にこだわった京都の野菜屋さん。
農薬・化学肥料だけでなく、有機肥料や堆肥さえも一切ほどこさないで、野菜や果物を栽培する農法を無施肥(むせひ)無農薬栽培と言うそうです。そんな農法の野菜や果物・加工品を中心に無添加の食品を宅配しているショップ。 お試しもあります⇒旬のお野菜・果物の定期宅配をスポット購入(3,000円) ※送料別

(2011年9月追記)
スポット購入を試してみました! 無農薬・無肥料というだけあって、野菜が強くて丈夫でしたw トマトやナスの皮も厚い! 味ももちろんおいしいですし、サイトを見ると体に良さそうだという信頼感があります。ただ、送料(クール便)が1,050円(定期便にすると850円)というのがちょっと厳しいんですよね。納豆や豆腐、肉類、乳製品も欲しいので、やはりメインはおいしっくす、月1か隔週でこちらを頼んでみようかなと思っています。

無施肥(むせひ)無農薬栽培のお野菜、まだまだ普及していないらしく手に入りづらいのですが、野菜の安全性という点ではピカイチのような気がします。
ただ、上の(追記)にも書いたとおり、ちょっと送料が高いので毎週は手が出ないんですよね。
おいしっくすは西日本産の納豆・豆腐・乳製品・肉類などもまとめて手に入る上に、まとめてたくさん買うほど送料・手数料などが格安になるため、メインはおいしっくすを使っています。
長年愛用していて信頼感のある大地を守る会の、「西から応援野菜セット」も気になっています。近々試してみるつもりです☆